2012. 06. 07  
先週は先生の急なキャンセルでお休みになりました。
7月はまるまる日本に帰国する予定なので6月のうちに合格すべき曲は合格しておきたいのですが…


ツェルニー50番練習曲 no.31

すこしゆっくり目に弾くつもりが、出だしから練習の時よりも速めになってしまい、「しまった。速くなってしまった」という焦りで雑になった個所も

うん。この曲は終わりでいいでしょう。ただし時々は取り出して練習してくださいね。
 この曲はあなたにとって長く付き合っていく価値のある練習曲だと思います。


…ということで意外にも合格
もう一度チャンスがあれば、もう少しマシな演奏だったと思うのですが…。(そのかわり少しスロー気味で)


次は何番にしようかしらね~…

とペラペラとページをめくって

no.32にしようか…それとも…no.7もいいね。
 そちらでも好きな方からでいいですよ。どちらにしますか。


じゃあ、せっかくなので前の方からということでno.7をお願いします。

どこから始めても難易度的にはそんなに変わらないですよ。学習する項目が違うだけです。人によって苦手も違いますし。もちろんno.1は一番簡単ですけどね。

へぇ。


ということで、次の課題はno.7の「同一鍵盤での指の交換」です。



ベートーベン「ソナタ10番 1楽章」 

前回はペダルを訂正され、それなりに練習したのですけど…
あぁ、そろそろ終わりにしたいなぁ。


1回弾き切ったところで

・・・他にベトソナみてありますか。

え?25番を少しみてありますけど…

じゃあ25番を先に見せて。10番はなんというか…後でやりましょう。


まさか今日25番を見せるとは思ってなかったのでドキドキ。
一応譜読みはやって、つまずきながら最後まで弾けるというレベルです。


ベートーベン 「ソナタ25番 ”かっこう”1楽章」

うん。よくできてますよ。(←初めてのレッスンにしてはという意)。
 
もう一度最初から弾きながら隣で解説をもらいました。

2小節目…sfで。
6.7小節…もっとかわいらしく。8小節からのfとはっきり対比。
11小節…デクレッシェンド。
66小節…ルバートOK。ドルチェの前置き。
119小節から…左をもっと強調。ここのスタッカートは強調のスタッカート。

以下だいたい同じ。


ベトソナ10番の続き。

何と言うか…今日のはちょっと重い感じでしたね。「適当感」が出てましたよ。

適当に弾いていたつもりはないんですが…。(でも「飽きた感」はあったかも。)

そう?ペダルがまだ慣れてないのかもね~。

いやぁ、スミマセン。ペダルもなんでしょうが、「飽きた感」はきっとありました

ということで、ペダル以外の訂正は特になく、来週もう一度。



ショパン 「ワルツ3番」

全体的にとてもいいです。ただし、1つだけ言わせてください。
53小節からの”明”と69小節からの”暗”の対比があいまい。。
ただテンポを落とすだけじゃなくて音色をガラリと変えて。
ここはよく研究して。


テンポを落とすだけでなくて音色で表現できるように1週間でよく研究することが課題です。
それ以外はokだそうです。


「音色の研究」は奥が深いなぁ。短期間じゃムリだ。
だけど課題にならないと真剣に考えないことなのでまずは1週間頑張ってみます。 

「緋色の研究」だったら卒論テーマで1年は向き合ったけど。(←分かる方がいたら嬉しいです
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
辻井伸行さんのリサイタルに行ってきました☆
NEW Topics
漢方ダイエット Day9の記録
漢方ダイエット Day6の記録
漢方ダイエット Day3の記録
またまた漢方でダイエットを始めました!
うさぎ、小学校の校内ピアノコンクールに出る
ペットレストラン「毛寶揺揺」② プールのあとはご飯だよ。
ペットレストラン「毛寶揺揺」① モモ、初めてプールで泳いだよ。
モモ、6か月の誕生日を迎える
モモ、初めての台湾の旧正月
1か月ダイジェスト。モモの下痢、クリスマス、年末年始はグアムで、モモのお土産。
Comment
No title
>どこから始めても難易度的にはそんなに変わらないですよ。
>学習する項目が違うだけです。
>人によって苦手も違いますし。

ほんとうに、チェルニー50番って、そんな感じですね。
40番台後半になると、とたんに難しくなっちゃいますが。
昨夜、久しぶりに31番を弾いたら、
もう、笑っちゃうくらい弾けなくて・・・音は覚えていて
腕というか、手はそこに行くのに、指がまわらないので
終始メロメロメロ~~でした。
一度弾けたと思っていただけに、ガックリ感も強かった・・・

次は7番なんですね。あれ苦手だったな~
でももう一度弾いてみようかという気になりました♪
かふぇ婆さんへ☆
どこから弾いても難易度は変わらない…。
確かに最初の方は簡単だし、40番以降は難しそうですよね。
(私には31番も難しかったです…。)
49番とか聴いててかわいくてたのしい曲だなぁと思うのですが、かなり酷そうですね。
50番は文句なしにかっこいい~☆

31番は1回目は必ず外しまくり、2回目は手が広げられたような感じがして気持ちがいい、3回目からになってやっとマシな演奏ができる程度です。
だからレッスンで初めににこの曲を弾くと外してしまいます(^▽^;)

かふぇ婆さんは時々取り出して練習されてるからすごいなぁと尊敬します。
私は思い出した時にしかやりません…。
あ、でも31番は手が広がって気持ちがいいので7番練習する前に1度ストレッチ間隔で弾いてます♪
No title
ツェルニー合格おめでとうございます。
ソナタ10番は惜しかったですね。でも6月はまだレッスンあるんですよね。無事合格して帰国したいところですね。

「音色変えて」は私の先生もよく言う言葉です。一応ハイって言うけどどうやればいいのかわかんないですね~
気持ちの持ちようで音も変わるのかなあ・・・。

緋色の研究ってホームズですか?
No title
farmvilleloverさん、こんにちは。
いつもながら、着々とお勉強を積み重ねていらっしゃいますね!
「緋色の研究」、スミマセン、わからなかったので^^;、ググってみました。コナン・ドイルだったのですね。
「音色の研究」、ガンバってください!!(私も、ガンバります!)
フクママさんへ☆
ツェルニーは意外でした(;^_^)
1発目はまだ手が開いてないので(←いいわけ)ぎこちなさが残ってたかなぁというのとドルチェをかわいらしく弾けなかったと思ったのですが、合格でした。
先生の言うように、これは私にはいい練習になると思うので、これからも練習していきます。

ベトソナ10番…
なんか合格からどんどん離れて行ってるような気がします…。
6月中に終われるのかも怪しいですね…。

緋色の研究!ホームズです!
私はホームズが大好きなので、卒論も緋色の研究について書いたんです。
ホームズを研究するためにイギリス文学を専攻したようなものです☆

音色の研究は…時間がかかりそうです。
monetさんへ☆
緋色の研究、そうコナン・ドイルです♪
シャーロック・ホームズと助手のワトソン博士が初めて出会うのがこの長編小説「緋色の研究」なのです。

音色の研究は…一朝一夕で習得できるものではないので地道に研究するしかないですね。
まずは自分の音をよく聞くことが第一歩かな。
icレコーダー必要ですね。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

ご訪問ありがとうございます☆
興味のある本
ただいま読書中
総語数:140485語
洋書多読記録


うさぎも読んでるよ☆
books
洋書多読
応援ありがとうございます♪
検索フォーム
QRコード
QR