topimage

2017-11

レッスン9回目 ☆「夢の鳥」「愛の喜び」「即興曲90-2」「ノクターン21番」「ノクターン2番」「テンペスト3楽章」 - 2011.06.03 Fri

9回目のレッスン記録です

まずはハノン。C dur と a moll スケール 
ゆっくりテンポで弾きます。いつも縮こまってる左小指とくぐりの手首の変な回転に気をつけて。

いいですよ~。今度からテンポをあげて練習していいです。
 次はG dur と e moll 練習しておいてください。


はい。(やっとC dur amollスケール合格。スローテンポですけど。)


シューベルト「即興曲90-2」

前回は「ツェルニー」のようだと言われたこの曲ですが…。
今日はなぜか転ぶ転ぶ
いや、「なぜか」ということはないです。
成功するときも失敗する時もあるこの曲。
今日は失敗です

この曲を知らない人が初めてあなたの演奏を聞いたら「ツェルニーですか」と言うでしょうね…。
 やっぱりツェルニーにしか聞こえない。テンポは超スローで構わないので歌って弾くように心がけてください。
 

は~い…

それから指使いが変なところがありますよ。


例えば4小節めのところ指使いは「1」と書いてあるんですが、長年のクセで「3」やら「4」やらで代用してるんです。子供の時の先生は指使いに超厳しく、指使いを間違えれば手をバシバシ叩かれてました。ピアノをやめてからはバシバシたたく人がいなくなったので好き勝手に都合のいいように弾いてたんです。

本当に「都合がいい」場合はどんな指番号でもいいと思うのですが、私のように転ぶくせに指番号を守らないというのはよくないですね。

よく転ぶところは指番号に問題がないか見直して下さい。成功率が低い個所でも、よく練習すれば弾けるようになるものですが、何度も何度も練習しているのに転ぶところは指使いを変えてみてください。そうすると以外にも簡単に弾けることがありますよ。
楽譜の指番号は「絶対」ではありませんが、まずは楽譜どおりの指で練習してみてください。どうしても変えたいところは変えてもいいですけど、最初から無視して弾くのは危険ですよ。



指使いのことは確か『挑戦するピアニスト』でも言ってましたね。
本を読んだ時は「なるほど~」とは思ったんですが実践できてなかったようです
やっぱり先生に言われるのは違いますね。頭にすぅ~っと入っていきます。


リチャード・クレイダーマン「夢の鳥」

前回は「おもりをつけて飛んでるみたい」と言われてしまいましたが…

とてもいいですよ!よく表現できてましたよ。 

ということで合格


「愛の喜び」

この曲、中間部に分散和音が連続してて弾きにくいったらありゃしない。

中間部分がまだちょっとできてないのですが…(と事前に言い訳)

ここがこの曲の難関ですね。ま、弾いてみてください。

中間部で必死になりながらもなんとか完奏

中間部以外はよくできてましたよ。分散和音は指使いに問題がありそうですね…

(また指使いか…)

分散和音ですが、明らかに「4」の指を使った方が楽なところを、弱い「4」を使いたくないがために無理して「3」の指で弾こうとしてるんです。「3」の指が長さ的にギリギリなので音が濁ってしまうという感じです。


ということで、「愛の喜び」は中間部分を正しい指使いでもっと練習。
新しい課題は ”VAL DEL RECUERDO ”「懐かしの山谷」(勝手な訳です)。


ショパン「ノクターン21番」

いい感じですよ。でも…

指使いですか…?(今日はことごとく指使いについて言われてるので)

違いますよ
 でも、あと一歩ですね。来週はもっともっと良くなると思います。


と、いろいろ細かい指摘を受けました。

5小節目…左が音4つ、右が音12こで「3・3・3・3」と割り切れるが、あくまで12連符。
 レガート大事に。14小節目も同様。

10小節目と18小節目、休符できちんと息継ぎ。だらだら続けない。表情変えて。

31小節めからガラリと表情が変わる。明るく。でも軽くなりすぎずに。
 「ホップステップ♪」にならないように。

最後の小節、もっと研究して。ここも「3・3・3・3」で分けようとしないでレガートで。


ショパン「ノクターン2番」

最初の2小節でストップが

もっと甘く。優雅に。

気を取り直してもう一度。

音色が違う。もっともっと甘く。

3度目です。やっぱり2小節で

そんなに情熱的に弾かないで
 そうね…。ダンナさんに聞かせる気持ちで。


ムリです(笑)

え、どうして(笑) じゃあ、娘さんに聞かせるように優しく優しく…

分かりました。(と言いつつ、勝手にユンディ・リに変更

4回目のトライです。

いい音ですね~。そのまま続けて。

(ユンディ・リのノクターンを思い浮かべながら…)

よかったですよ。もう少し弾きこまないとね。このまま練習続けてください。

ノクターン2番はまだまだ左手が曖昧なところがあるので練習が必要です。

ノクターン2番が終わったら1番にいこうか17番に行こうか考え中よ。

1番は弾いたことあるのですが、もう一度先生に見てもらうのも悪くない。1番も好きな曲ですから。
17番…はて、どんな曲だったかな。あとで聴いてみよう


ベートーベン「ソナタ17番 ”テンペスト”3楽章」

最後まで譜読みを終わらせてたのですが、最初の2ページでストップがかかりました

前はできてたのに、1拍目のスタッカートが全部沈んでる…。
 上げる音はできてるんだけど、上げたうえで跳ねなきゃ。


確かに…。手が鍵盤からほとんど離れてない


それ以外にもいろいろ指摘を受けました。

30小節から、もっと左を堂々と。ちょっと頼りない。

34小節…レガートはついてないけど、レガートで。(前回はできていたそう)

35~37小節の左のスタッカートは音を落として。(跳ねあげない)
 ※これは人によって違うらしいが、sunny先生は落とす音の方が好きだと言っていた。

71・72小節…「ラ~・シ・ソ」をもっとはっきり。曖昧にしない。
 77・78小節も同様。

ベトソナはこれからが勝負ですよ~。
 どんどん詰めていきますからね~。



今日の記録はここまでです。今日も30分延長してくれました。(ほとんど毎回ですが)
練習が散漫にならないように集中して行こう
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

追記… «  | BLOG TOP |  » 弾きたい曲たち☆

プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

カテゴリ

★台湾 (34)
★愛犬カプチーノ (28)
うさぎピアノレッスン (12)
☆レッスン記録(2013) (6)
☆レッスン記録(2012) (23)
☆レッスン記録(2011) (26)
☆ ピアノ歴 (2)
★ ガーデニング (10)
★愛犬ジャック (1)
★裁縫 (6)
★工作 (7)
未分類 (8)
未分類 (0)
英語 (6)
日本語教師 (2)
ビーグルのモモ (15)
ダイエット (6)
手帳 (8)

最新記事

ご訪問ありがとうございます☆

リンク

最後に読んだ本(日本語)

最後に読んだ本(英語)

洋書多読記録

多読王国 by EQG


うさぎも読んでるよ☆
多読王国 by EQG

books

月別アーカイブ

洋書多読

応援ありがとうございます♪

検索フォーム

QRコード

QR