--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 05. 20  
レッスン8回目の記録です

高雄は最近ずっと雨です
いつもは35度くらいある高雄も、ここのところ25度くらいまで気温が下がってます。


さてさて今日のレッスンは…

まずはリトルピシュナ
前回は「腕の回しがわざとらしい」と注意されたのですが、今日はOKがでました
次回から先生の前で弾かなくてもいいそうです。ただ練習は続けるようにとのこと。

ハノン スケール C dur
左の小指もだいぶ改善され、指変えの際の手首の大げさな返しもなくなったとのこと。


リチャード・クレイダーマン 

 「子供のロンド」


前回は指使いが悪いせいで転びまくったこの曲…。
先生の指示通りに指使いを変えたら、スムーズにできました。
よって合格。
指使いって大切なんですね…。いつも適当の私です。

 「夢の鳥」

全体的に重いですね。おもりを吊るして飛んでるみたい…。

ははは…

強調したいことろにルバートをかけるのはいいことなんですが、それを後に後に引きずるのはダメですよ。ルバートかけても全体のテンポは落とさないように。

なるほど…

この曲はもう1回ですね。
 それから課題をもう1つ。次の曲は ”PLAISIR D'AMOUR”(愛の喜び)です。
 全部見てこなくてもいいですよ。できることろまででいいです。




ということで「夢の鳥」は再練習。
「愛の喜び」(?)はまだ楽譜みてないのでどんな曲か分かりません。

「全部見てこなくてもいい」=後回し


シューベルト 「即興曲90‐2」

…思いっきりツェルニーですね。規則正しく弾きすぎ
 …あなたの演奏を聴いているといつも思うんですよ。「もったいない」って。
 指はちゃんと動いてるんです。ちゃんと弾けてると思います。
 ただ音に感情がない。機械的というか。

 指の訓練のためだったらツェルニーでいいんですよ。
 でもあなたに今学んでほしいのは指の機械的な訓練ではなく「表現」です。
 もちろんツェルニーにも綺麗な曲はたくさんありますが…。
 ただ、あなたの場合はツェルニーでそれを学びとるのは難しいと思ってこの曲を選んだんです。
 もうあなたの中では「ツェルニー」が「ツェルニー」でしかないから…
 

(超納得です…。分かります。先生の言いたいこと。
 先生もよく私の事わかってるなぁと感心すらします。
 確かに「練習曲」と言われると、そんな風にしか弾けないのです。今までがそうだったから…) 

ところでシューベルトがどんな人だったか知ってますか。

まったく知りません。(おいおい…)


ここで先生がシューベルトについてお話ししてくれました。
シューベルトはかなりシャイな性格で生涯恋愛を経験しなかったとか。
またシューベルトは自分の容姿にかなり劣等感を感じていて、それがまた女性を遠ざける原因でもあったらしい。
彼の曲は甘い感じの曲が多いが、それは「恋愛」への憧れではないだろうかと。
「恋愛」はないものの、皮肉なことに結局若くして梅毒のため命を落としたと言われている…。


曲を学ぶときは、曲の背景を知っておくのも大事なことですよ。作曲者のことも。
 もちろん自分なりの解釈でもかまわないのですが、何も考えないで弾くのはダメです。



てなわけで、来週も最初の1ページだけを練習するように言われました。
機械的にならないように…。


ショパン 「ノクターン21番」

「夢の鳥」と同じです。おもりを引きずって歩いてるみたい。
 曲が重すぎ。ルバートを最後まで引きずっちゃだめですよ。
 テンポはあくまで崩さず。それ以外はよくできてますよ。
 来週もう1回ね。


は~い…。(←合格しなかったのは残念ですが、先生の言われたことには超納得です。)



ショパン「ノクターン2番」

あまりできていないので最初の1ページだけ見てもらうことにしました。

悪くないですよ。もちろん音は正確につかまないといけませんが…

はい…。(あまり練習してないので音があやふや…。)

左手はブチブチ切れないように指使いを守って下さいね。
 あとはトリルのくせ、出てましたよ。モーツァルトのトリルになってました。

 それから、ノクターンは2番以外にも好きな曲があったらどんどん弾いていっていいですよ。


は~い。(…とはいってもそんな余裕なし)


今ブログを書きながら思ったんですが、これはつまり2番の後は好きな曲を選んでいいということなのかな。
じつは9番ちょっと弾いてみたいと思ってるんですよね~
最近ちょっと長調の曲が弾きたくなってるんです。
もちろん、まだ21番が仕上がってないし、2番も始めたばかりなので、まだまだ先の話ですが。


と、ここでレッスン時間終了。
ベートーベンは来週最後まで練習するように言われました。


それからレッスン中にちょっと気になる発言が…

バッハは弾いたことある?

インベンションなら。

組曲とかは?

…ないです。


これはもしや、そのうちバッハも始めるということ?
バッハ超苦手なんですよ~。シンフォニアとかできれば避けて通りたい。

でもsunny先生となら苦手なバッハも克服できるのでは…
関連記事
スポンサーサイト
NEXT Entry
久しぶりの快晴
NEW Topics
漢方ダイエット Day18からDay22までの記録
うさぎ、校内ピアノコンクールを終えて課題が増える
漢方ダイエット Day10-Day17の記録
漢方ダイエット Day9の記録
漢方ダイエット Day6の記録
漢方ダイエット Day3の記録
またまた漢方でダイエットを始めました!
うさぎ、小学校の校内ピアノコンクールに出る
ペットレストラン「毛寶揺揺」② プールのあとはご飯だよ。
ペットレストラン「毛寶揺揺」① モモ、初めてプールで泳いだよ。
Comment
No title
またまた、充実のレッスン内容で、素晴らしいですね!
クレイダーマン、台湾では良く使う曲集なのですね、まぁ、元々私は楽譜コーナーも、基本的にクラシックしか見ないので、見落としているのでしょう。ノクターン、何でも弾けるって、すごいじゃぁないですか!私は弾きたい曲の1つに、13番があるのですが、私の手の大きさでは、ムリだわ(ため息)。
私も、バッハ、大の苦手で、何度先生に薦められても、逃げていました。でも、今年の1月から、観念して、平均律に着手しました。でも、難しい!!
タイムリーですね
farmvilleloverさん
こんばんは

ツェルニーは確かに、技巧の練習ですよね。
コドモには指を早く動かせるようにと、うちの先生は言ってました。
確かにツェルニーに表現って・・・
ショパン様が「ツェルニー先生??は人間性は凄くいいけど、曲としてイマイチ」という風な事言ってたらしいですよ。 (^-^;)

シューベルトも梅毒でしたっけ?シューマンも違いました?シューベルトとシューマンの区別を少し前までできてなかったんですわ。いやあ、しかしやる事やってる??ちょっとアホな考えよぎってしまいました・・・。ファンでしたらすみません。

確かに、機械的に・・・私がそうです。
私、最近、ため息がしんどくなってきたんですよね。
スケにしても、ぎりぎりいっぱいの演奏で、通しでもなかなか弾ききるのがしんどく途中で中断してしまいます。
技巧的にぎりぎりで弾ききるのに必死で、表現どころでないし、練習時間も厳しい状況なので、小曲にしようかと考えてます。
ショパンのワルツ14番は4Pだし、いいなと思っています。
farmvilleloverさんから結構影響貰ってます。感謝しております。 (*^-^*)
monetさんへ☆
私もクラシックにしか興味なかったのでクレイダーマンのことは全然知りませんでしたよ。
でも台湾ではレッスンに使うことが多いと言っていました。(先生は「必須」だと言ってましたが)
実際聞いたら知ってる曲が多かったです^^。

ノクターンは「なんでもいい」というのはあくまで「実力内で」。
私も13番とか8番とか大好きですけど、それは完全に「実力外」です(>_<;)

バッハ、苦手なんですよね~私。シンフォニアとかあまりやってないんですけど、できれば避けて通りたいです。(それはムリでしょうね…。)
シンフォニアどころか、インベンションからやり直しかも。ちょっとずつ復習しておこうかな。
平均律はぜひやってみたいですね。バッハは弾くのは苦手ですが、平均律は聞いててかっこいいなと思います。
☆とまちゃん★さんへ☆
こんばんは☆

ツェルニーも表現つけて(ルバートやペダルもOKみたいな)練習させる先生もいらっしゃるそうですが、sunny先生はツェルニーはあくまでテクニックの練習曲だと割り切っているとおっしゃってました。
でも必要ならツェルニーを表現つけて練習させてもいいと思ったみたいですが、やっぱり私にはそれは合わないだろうとのことでした。私の中ではツェルニーはツェルニーでしかないんです、やっぱり。

シューマンのことはちょっと分かりません…。シューマンとクララがラブラブだったということくらいした知識がないんです。シューベルトも先生にお話を聞くまで全く知りませんでした。
先生のお話によると、シューベルトは「初体験」で梅毒にかかってしまったそうです…。かわいそうなシューベルト。
日本に帰ったらショパンやベートーベンの伝記ものでも読んでみようと思います。ベートーベンは確か実家に伝記があったような気がします。でも難聴だったということ以外は覚えてませんが。

小曲はいいですよ~。レパートリーをどんどん増えるし、私たちのような仕事(私はバイトみたいなものですが)、家事(私はほとんどやってませんが)、育児をこなしながらピアノを練習するだけで大変な主婦に大曲は酷ってものです。しかも☆とまちゃん★さんはスケ2とため息の大曲2曲かけもちだし!

ワルツ、☆とまちゃん★さんがおっしゃってたキーシンの34‐1、youtubeで見ましたよ!
迫力があって、超かっこよかったです。
今まであまり34-1には興味なかったんですが、キーシンの演奏を見てイメージが変わりました。
これが弾けたらかっこいいですよね(*゚▽゚*)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

ご訪問ありがとうございます☆
興味のある本
ただいま読書中
総語数:140485語
洋書多読記録


うさぎも読んでるよ☆
books
洋書多読
応援ありがとうございます♪
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。