--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 10. 19  
もう10月中旬だというのに、あいかわらず高雄市は30度あり、もちろん半袖で過ごしています

ツェルニー50番 no.11

先週はスタッカートを注意されました。
オクターブに跳ぶスタッカートは高跳びの踏み台みたいに踏み切って跳ぶこと。

そして今週は…合格~


ツェルニー50番 no.37

超スローで弾きました。
なのに、私の悪い癖がでてましたよ~

指替えの際に手首を大きくひねってる!そんなに大きな動作は必要ないでしょう!

…(必要ではないと思うんですが、長年の癖なんですよね…。)

37番はもう一回です。


ベートーベン 「ピアノソナタ8番 ”悲愴”2楽章」

もう少し内声をおとして。

特に注意されたところはそれだけですが、気を抜くと内声が「ボーン」と出てきてしまうのできちんとコントロールすることが大切です。


ショパン 「ワルツ 9番」

先週は時間の関係でショパンがカットされてしまったのですが、今日は時間が取れてよかった

1回弾いて 合格~

この曲を弾いている時にいつも考えることは「ピアノの森」のマリア


ショパン 「ノクターン 19番」

ワルツの9番がまだ合格していなかったので、ノクターン19番はあまり練習してません

まだ全然できてませんが…。

経過を知りたいから弾けるところまで弾いてみて。

ということで本当に途中まで。
ゆっくりゆっくり、もちろんペダルなんてなしですよ。


左手をよく練習したんですね。じゃあ、最後まで練習しておいてくださいね。

そうなんです!左を重点的に練習したんです!
 (気づいてくださったんですね~

それから、課題をもう1つ増やそうと思うんですが…。

あと1曲ですか。

うん。(本棚の楽譜を見ながら)久しぶりにシューベルトもいいね。

あ、シューベルトなら「即興曲90-4」がいいです。

あ~いいですね。じゃあ、これにしますか。譜読み始めてもいいですよ。
 (ドビュッシーの楽譜を見て)あ、ドビュッシーもいいよね。


「夢」はどうですか?大好きなんです。

いいね!うん。いいね。

でも、ノクターン19番が思ったより難しいので、新しい曲はまだ先でいいですか。

いいですよ。落ち着いた頃で。


ということで、勝手にどちらでもいいと判断し、「夢」にしようかなと検討中です。
こういうのは始めるが勝ち、です。
好きでない曲を課題に出されることほど苦痛なことはないので先手必勝です
(だって先生、シューベルトの「楽興の時」も見てたし。これはあまり興味がない。)

「即興曲90-4」も好きだけど、長いし、ベトソナ8番の2楽章ができあがって、次の課題が出た時にシューベルトとの並行は苦労しそうな気がする。古典2曲はちょっとキツイかなぁ。(シューベルトはロマン派ですが、曲風は古典…という意味で。)
その点ドビュッシーの「夢」はゆる系でいいんじゃないでしょうか

いや、待てよ…。ゆる系の悲愴2楽章をやってる間にガチ系の即興曲を始めていた方がいいのかな。
じゃないと、2楽章が終わって、仮に3楽章ならまだしも1楽章(または別曲)に入った時に即興曲との並行練習はキツイ!
並行練習がムリなのでベトソナはしばらくお休み…っていうのも嫌だ

う~ん。まずは2曲ともちょっとだけ譜読みしてみよう。自分の技量と相談してみます。
あ~でも選曲って楽しい

それから…ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」は2、3回見てもらいましたが、その後は時間がなくてずっと見てもらってません。時々は自分で練習してるのですが、先生も忘れているようなのでこのままさりげなく終了したいと思います いいよね?



スポンサーサイト
2012. 10. 12  
レッスン41回目の記録です

先週ショパンのエチュード集を買いに行きました
先生のおっしゃるとおりに「ショパンのエチュード集ください」とは言いませんでしたが(笑)、自分で探して買ってきました。実は日本の全音版のを持っているのですが、先生と同じ台湾全音版にしました。

台湾元で140元…。日本円で400円くらいです。
店長さんが110元にまけてくれたので300円くらいになりました


ツェルニー50番練習曲 no.11

前半はよくできているが、後半のスタッカートがイマイチ…
…ということで、今日はスタッカートの特訓です

スタッカートは「跳ねる」というイメージに固執してはダメですよ。
確かに「跳ねる」場合もありますが、ここでは音を「絶つ」イメージで。


レッスンを開始してからいつも言われることなのですが、私のスタッカートは(他の場合も)音が軽い。
音に深みがない。オクターブに続くスタッカートは高跳びの踏み台をイメージすること。


先先週はオクターブの特訓で、今日はスタッカートの特訓。
とてもありがたいです
おかしなところは徹底的に直していただきたい!
将来、憧れの難曲をやることになった時に、オクターブだのスタッカートだの、基本的なところでつまずきたくない!そんなところはツェルニーで今のうちに矯正しておきたい!

11番は来週もう一度みます。
それから次の課題は…37番。


最初の数小節だけポイントを解説していただきました。
…難しそうだな~。

超スローでいいですからね。



ベートーベン 「ピアノソナタ8番 ”悲愴”2楽章」

今日は8番先に聞かせて~

ということで、25番は後回しで8番を先にやりました。
今日は一応最後までペダル入れて弾きました。
でもまだまだ仕上がってはいないので、もっと練習が必要です。

それからこの曲に2回(3回だっけ?)出てくる黒鍵ラ♭とシ♭のオクターブ…。
かなりきついです
9割がた他の音も押してしまいます。
1割は成功します。(←手術なら絶対やらない成功率
先生は届くんですよね~。うらやましい…


おっと、ここでレッスン終了
今日は時間が経つのが早すぎる!!
60分きっかりでした
いやぁ、いつも80分くらい見てもらってますからね。(スミマセン



エチュード(op.10)ですが、3番からやりましょう。それから8番もいい練習曲ですね。

6番も好きです。

6番もいいね。じゃあ、3番、6番、8番の順にいきましょうか。12番も左手のいい練習になるから、こっちが先でもいいよね…。

(わくわく…)

まぁ、一番最初は3番ね。予習しておいてもいいですよ。最初の方ちょっとやってみたら。

はい


…とは言ったものの、まだ手つかずの課題、ツェルニー37番、ノクターン19番。
それに上がりそうなワルツ9番。
なぜか今日ほったらかしになってしまったベトソナ25番…。

それでエチュード3番の予習はちょっとムリかな
やりたいのは山々だけど、これ以上中途半端な曲を増やしてはいけない

でも先生、エチュードのことはちゃんと覚えてくれててよかった…
疑ってごめんなさい

2012. 10. 05  
最近、サニー先生お忙しいらしく、しょっちゅうお休みになってます。
意図的に2週に1回のレッスンにしたわけではないんですが、最近そんな感じになってます。
実をいうと、非常にありがたいことに私も最近授業が増えて、教材の準備やらに追われているんです。
だからちょうどいいと言えばちょうどいい…かな

さてさて今日のレッスンです。

ツェルニー50番練習曲 no.32
 
前回はオクターブの和音をつかむときに手が緊張しすぎて力が入りすぎて血管むき出し(笑)なのを注意されました。そして40分に渡るご指導…。
2週間ありましたから、ゆっくりゆっくり癖のでないテンポで練習していき、最終的にはもともとのテンポまで持っていくことが出来ました。

その結果…合格


次は何番やりたい?

う~ん…。11番かな。

ということで、次は11番です。


これで合格曲は、1、2、3,4,5,7,8、10、18、21、31、32の12曲です。

ツェルニーはさっさと終わらせてそろそろショパンのエチュードやりたいですね。

エチュード…。(←ちょっぴりうれしいけど、先生には前科があるので素直に喜べない)

ツェルニーはいい練習曲だけど、あくまで指のテクニックの向上が目的だから、実際ショパンの曲を弾こうとするとツェルニーでは補えないのよね~。
エチュードはいい曲ばかりだから、テクニックだけじゃなくて、いろいろ学べるのよ。


私もエチュード大好きです (ちょっぴりアピール)

難しい曲ばかりですけどね…。

ですよね。


ベートーベン 「ソナタ25番 1楽章」

1回通して弾いて、これで終われるかとばかり思ってました。すると…。

うん。悪くないね。今度はペダルつけて弾いてみようか。

ん?ペダル…?

そういって、楽譜にどんどんペダルの印をつけていく先生。
「ちょっと入れすぎなのでは…」と思うくらいどんどん書き込んでいく…。
私としては25番1楽章はほとんどペダルなしのほうが好きなのですが。

ペダルは人それぞれだから、とりあえずこんな感じでペダル入れて弾いてみて。

…今ですか?

先生とペダルを確認しながらもう一度。私はペダルがへたくそなんです。ペダルをいれようとすると手が分からなくなる…。(←まるで初心者

…まぁ、1週間練習してみて。ペダルは適当に調節して。

1週間ありますから、ペダルは極力踏まないように調節します。



ベートーベン 「ソナタ 8番”悲愴”2楽章」

私はこの曲が大好きです。大好きなので大切に弾いていきたい!
と思って、いつもなら譜読みをさっさと終わらせて、とりあえず最後まで弾いて先生に見せるのですが、この曲は慎重にいきます。

36小節まで両手で練習、それ以降は片手練習です。

じゃあ36小節までペダル入れてみようか。

ペダル…。(まったくペダルいれて練習してない)

適当にペダルをつけて弾いてみたら、なんかいい感じ
先生も満足そうでした

いいじゃない

ふふふ。


ショパン 「ワルツ9番」

1回弾いて、細かいところを直しました。

29小節…3連符ルバート。ロマンチックに。
 33小節からのcon anima…テンポが速くなりがち。あわてず落ち着いて。

来週もう一回弾いたら終わりにしましょう。


新課題です
 ノクターン19番

久しぶりのノクターンです
ノクターン大好き

ノクターン19番の予習はほどほどにして、来週ワルツ9番が上がれるようにしたいと思います。

そろそろエチュードに入りたいから、楽譜を用意しておいて。
 お店の人に「ショパンのエチュード集ください。」っていえば分かるから。(←子供か!!)


エチュードですか?本当ですか?やった~
 (抑えていた喜びの言葉がついに出てしまった
 エチュード集ならたぶん家にあると思います。日本で買ったやつがあるんです。
 たぶん台湾に持ってきてると思うけどなぁ。探しておきます。

 ※実はご丁寧に別室の本棚にしまってある。


とか言って、サニー先生、いつものように忘れないでね~。
来週はエチュード集を堂々とこっちの本棚に立てておきます
いや、印象付けるために「先生、探したらありました。台湾に持ってきてたようです。」とわざわざ見せよう。
こればかりは忘れさせませんよ!!

    
かなり必死
プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

ご訪問ありがとうございます☆
興味のある本
ただいま読書中
総語数:140485語
洋書多読記録


うさぎも読んでるよ☆
books
洋書多読
応援ありがとうございます♪
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。