--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 09. 21  
記事にはしなかったのですが、8月1日に日本の愛犬ジャックが永遠の眠りにつきました
7月31日に日本を発ったのですが、まさに次の日のことでした。
次12月に日本に帰るときにはきっとジャックはいないだろうと覚悟はしていました。
だから7月の1か月間は精一杯ジャックのお世話をしました。
耳が全然聞こえくなっていましたが、口の動きで分かるように「ジャック、大好きだよ」っていっぱいいっぱい言いました…。


先日、ジャックの四十九日の法要を済ませたと連絡がありました。
2年後に共同の慰霊碑に入ることになってます。
それまでは個別の慰霊碑が用意されています。


さて、本題のピアノレッスンです


ツェルニー50番練習曲 no.32

1ページ弾いたところで…

ストーップ

え?

手が強張りすぎ!!血管がはち切れそうよ!!

あ…


右手が超ガチガチになってて、先生のおっしゃる通り血管から筋から手の甲に浮き出ていましたぁ
が引っかく時みたいに4指が第1関節でカクンと折れ曲がり、鋭くなってましたぁ


ここから約40分にわたって指導がありました。
・腕は楽に。重力に任せる感じで。
・上から押さえつけても深い音は出ない。音は下に深く。
・手の甲を上げない。(無意識に上から抑えて弾こうとするので手の甲が山のように上がってる)
・4指をもっと立てないと音がクリアに出ない。へなへな音になってる。
・上から力任せで弾く音は汚い。
・何となく流れに乗って弾くだけならツェルニーをやる意味がない。ツェルニーは癖直しと苦手の克服。


テンポを上げることが目的ではないんですよ。超ゆっくり弾いて、自分の手をよく見て、音をよく聞いて、一音一音確かめながら弾く。まずは癖が出ないテンポで。

「癖が出ないテンポで」…確か、アルペジオかなんかの課題の時もそんなことを言われました。何となく弾けてる、テンポもそれなり。でも肝心の音がきれいじゃなければ練習曲をこなしても意味ないですよね
確かに32番の練習曲はあまり難しいと思ってなかったので、楽譜通りに音を拾って弾いてました。それだけです。
手の形を確認したり、音がきれいかどうかなんて気にしてなかったです

40分くらい指導を受けながら、ひたすら和音の練習。
意識して弾くと、指のつらいこと!4指がんばれ~。

でもいつものことながら、こうして課題が見えるとやる気がわいてくるんです
ツェルニーをやってると自分のどこを直せばいいのかがはっきり分かってくるので好きです


ベートーベン 「ソナタ25番 1楽章」

最初から通して弾くつもりだったんですが、さっきの40分のツェルニー指導ですっかりへなへなになってしまった私のお手手…。25番の初歩的な音階やアルペジオで外すは滑るは抜けるは…。情けない

ストップ、ストップ!!
 …ツェルニーが効いたみたいね…(苦笑)。


右手がへなへなしてます…

指の力をつけなきゃね…。25番は次回に回しましょう。

ということで次回に持ち越しです。


ベートーベン 「ソナタ8番 2楽章」

この曲は私のだ~いすきな曲
じっくりしあげたいので、逸る気持ちをおさえて言いつけどおり右手だけでじっくり練習しました。

私はアシュケナージが大好きで、彼のCDはベトソナ(3大ソナタのみ)の他にショパンのワルツやノクターンをはじめ、ラフマニノフのプレリュードやコンチェルトなど持ってます。
ベトソナ全集はケンプの他に、以前サニー先生にお借りしたシュナーベルがあります。
バレンボイムはCDは持ってませんが、YouTubeでよく見ます。

悲愴の2楽章の演奏は特にバレンボイムがお気に入りで、動画でよく見てます。
初めてYouTubeでバレンボイムの2楽章を聞いたとき感動したんです。
ゆっくりとしたテンポも私好みです。
なのでゆっくりゆっくり右手で1ページだけをひたすら練習しました。


とってもいいわよ!私はこの曲が大好きなんだけど、あなたこの曲合ってるわよ~。

(ふふふ)私もこの曲大好きです!

もう一回弾いてくれる?

また右手だけで1ページ弾きました。

あなたの悲愴2楽章、好きよ。来週は左も合わせてきてくれる?

はい

初めて私の演奏が好きだと言ってもらえました
今までは「合格」とか「いいでしょう」みたいな表現だったんですが、今日初めて「好きだ」と言ってもらえました
たった1ページで、しかも右手だけですが、気持ちが伝わったのは初めてじゃないでしょうか。


ショパンのエチュードの3番、絶対向いてると思うわよ~。
 ツェルニーさっさと終わらせてエチュード行きたいですね~。


ふふふふふふふふ


合格はなかったですが、それ以上に気持ちの良いレッスンでした
スポンサーサイト
2012. 09. 14  
台湾に帰ってきて、すっかりレッスンペースが落ちてます
8月は結局1回しかありませんでしたし、9月も今日が1回目です。
お休みがいっぱいあったのに、最近は仕事が忙しくて練習は1日1時間以下です…


ツェルニー50番練習曲 no.7

前回注意されたのは
 ①右手を軽く。鍵盤の同じ個所を打つ。
 ②左をはっきり。強弱つけて。 

1回最後まで弾くと…

いいですよ~。次に行きましょう!

と、今回は合格

じゃあ、次は32番を練習しておいてください。

分かりました。(そう思って練習はしてあります

でもツェルニーに時間はかけたくないので次回に。



ベートーベン 「ソナタ10番 1楽章」

今日は大丈夫だろうと思ってたのですが、完全に甘かった

う~ん…。何て言ったらいいか…。

かなりショック
先生の話をまとめると…

 ・情熱が感じられない。単純なかわいらしい曲だけど、情熱は持って。
 ・ワルトシュタインが作られた頃の作品で、恋をしている時期。
 ・"question"と"answer"をしっかり確認して。一方的にならない。
 
この曲はひとまず休ませましょう。このまま終了では決してありません。
 よくよく自分で研究して、準備が整ったら聞かせてください。
 人にはスランプというものがあるから…


分かります…(半泣き) 


どこがどう悪いっていうんじゃないんだそうです。でも自分でも「こう弾きたい!」っていうのもないし、最近はちょっと飽きてきてるっていうのも事実。自分がこんなんじゃあ人様がきいても「・・・」っていう感じでしょうね

とにかく、距離をおいてみます

じゃあ、25番に行きましょう。 


ベートーベン 「ソナタ25番 1楽章」

なんか、さっきのことがショックで明らかにひきずってる演奏。
なんでもないところで指が回らなかったり、音抜けしたり。
練習の時ほど楽しく弾けてない
それでも…

こっちの方が断然いいね。

はい…。(10番はどんだけヒドイんだ…?)

確かに最近は25番の方が楽しくて(短いし簡単だし)、練習量は10番よりも多い。
「かっこう」とタイトルがあるだけにイメージもしやすく、単純明快。
どう弾きたいのかが自分でイメージできているというのが10番よりも楽しく練習できる大きな理由かも。


25番はすぐ仕上がりそうだから、次の課題を出しておきましょうね。

次の課題…。

心の声
次の課題はうれしいけど、ちょっとベトソナから離れて、違う曲もいいかもなぁ。
実は最近シューベルトの「即興曲90-4」が弾きたいな~なんてちょっと思ってるんです。
でもベトソナとシューベルトの掛け持ちは正直きついかな~。
先生に「ベトソナ休んでシューベルトがやりたい」って言っちゃおうかな~。


次の課題は8番の「悲愴の2楽章」にしようと思うんですが、どうですか。

やります!(←即答)

ちょっと気分をガラッと変えていきましょうね。
 簡単そうに聞こえる曲ですが、かなり神経をつかう繊細な曲ですよ。
 まずは右手だけでゆっくり練習してみてください。小指の旋律をよく聴いて。


は~い 右手だけで練習しておきま~す

完全に復活した私 (さっきまでは確かに半泣き状態だった
「悲愴」だ~いすき
10番はお休みで~す 


ショパン「ワルツ3番」

まだワルツの楽譜を準備している時…

ショパンのエチュードもいいよね。

エチュード?いやいや、私にはまだまだ難しすぎますよ

…挑戦できる曲もありますよ。

…(ちょっと心揺らぐ)いえいえ、ツェルニーもまだ終わってないのに…。

そうですね。50番が終わったら考えましょう。


まったくサニー先生、うまいんですよ。
こうして時々餌を吊るすんです。
リストやラフマニノフなんかをチラつかせるんです
今日はショパンのエチュード

…ま、私はその餌にまんまとつられて、気分よく「ワルツ3番」を弾き切りました。

とっても良かったですよ!

ということで合格


今日のレッスンは、ベトソナ10番に関してはショックだけれど、悲愴2楽章の課題とショパン合格はうれしい
10番はいろいろなピアニストの演奏を客観的に聴いて、まず自分がどう弾きたいのかをよく考えます。



最近弾きたいなと思っている曲(よく変わるのだけど)

 ドビュッシー
   ・夢
   ・ロマンチックなワルツ
   ・雨の庭
   
 シューベルト
   ・即興曲90-4
プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

ご訪問ありがとうございます☆
興味のある本
ただいま読書中
総語数:140485語
洋書多読記録


うさぎも読んでるよ☆
books
洋書多読
応援ありがとうございます♪
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。