--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 09. 27  
☆フランス・パリのカフェ      photo by farmvillelover

EPSON022.jpg


冬の寒い時にこんなカフェであつ~いコーヒーを…
ステキですよね☆

私が住んでいる台湾南部は「冬」というのがほとんど存在しません。
1年のうちで12月くらいに1週間寒い日が続くくらいでしょうか。

寒いといっても、高雄では10度以下になることはありません^^。

冬が恋しい・・・
スポンサーサイト
2010. 09. 10  
今日は植物入りの、いわゆる「苔玉」を作ってみました☆
植物を苔玉で包み込んだ感じになるので、植物なしのただの苔玉よりもちょっぴり難しくなります。

用意するもの
・苔
・植物(好みで好きなものを選んでください)
・ケト土(粘土のような土)
・ムソウ(水はけがよい、繊維質の土)
・黒糸。緑でも可。
・フラワーアレンジメント用のワイヤー(クリップでも可)



今回苔玉に入れる植物はこちら。

006.jpg

名前は分からないのですが、(スミマセン(>_<;))
台湾ではだいたいどこの園芸店でも手に入るもので、
これも今回は花市で購入しました。

今までに何度も購入したことがあり、だいたいの性質が分かっているのでこれに決めました。
(でも名前は知らないのだけど…。)


そして使う苔は前回の苔玉と同様、花市で購入した苔。

008_20100908011203.jpg


☆苔玉の作り方     所要時間:1時間

①ケト土とムソウを1:1の割合で混ぜあわせます。
 写真はムソウ。
 

003.jpg



②よく練り込んだ土を丸く丸めます。
 私は3つ作るので、3つのダンゴができました(^○^)


005.jpg



③植物をポットから出して、土を落します。
 根を傷つけないように慎重に!

 ※土をもむようにすると簡単に根がほぐれます。
  私は6本しか使わないので、1本ずつ丁寧に引き抜きましたが、
  全部使うなら、水を張ったバケツにいれて軽くもむと
  簡単に土が取れ、根がほぐれやすくなります(o^-^o)

007.jpg

008_20100909231456.jpg



③先ほどつくったダンゴに植物を入れていきます。
 ダンゴを平たくつぶし、真中をくぼませるようにして植物の根を包みます。

015_20100909231640.jpg
010_20100909231643.jpg
011_20100909231642.jpg
012_20100909231642.jpg
013_20100909231641.jpg



④苔をひっくり返し、ダンゴを包み込むように貼っていきます。

019_20100909231857.jpg
021.jpg
020_20100909231856.jpg
024.jpg



⑤前回のプレーン苔玉と同様、黒糸(緑糸も可)を巻く。
 巻き方は前回と同じなので写真はありませんが、
 写真をご覧になりたい方は「苔玉(植物なし)の作り方」をご覧ください。


⑥クリップで留める。
 こちらも前回と同様です。


⑦気になるところはハサミでカット。
 切りくずは残った苔に振りかけておきましょう(*゚▽゚*)

 ※私は自然派なのでカットは極力しません。
  もちろんきれいに切りそろえてもかわいいと思います☆

025_20100909231854.jpg


⑧出来上がり☆

 026_20100909231854.jpg


ピアノの上に飾ってみました☆!これで練習もはかどる??


027.jpg
028.jpg


今回参考にした本はこちら。前回と同様、「苔玉・ミニ盆栽」です。
インテリアの本ですが、作り方も載っています。結構分かりやすくておススメ☆

苔玉もいっぱい載ってますので、作る時にどんな植物を使うか参考になると思います。










2010. 09. 09  
☆エジプト・カイロの路地で    photo by farmvillelover


EPSON040_convert_20100909002215.jpg


新婚旅行でエジプトに行った時の写真です。
早朝6時、朝食前に外に出たら猫たちが日向ぼっこ☆

かわいい~(*゚▽゚*)❤
2010. 09. 08  
今回は苔ポットよりもちょっと難しい苔玉の作り方の紹介です☆
植物なしのプレーン苔玉です(o^-^o)

植物なしのただの苔玉は土台になる土に他の土を混ぜなくていいので
そのぶん手間が省けて簡単です。
しかも植物を枯らしてしまう心配もない!

苔玉を作るのに欠かせないものはもちろん「苔」ですが、
それ以外にも欠かせないものが…

それが「ケト土」と呼ばれる粘土みたいな土です。
これがないと苔玉が崩れてしまいます。

で、この「ケト土」、どこで手に入れるかというと、
日本だったら園芸店にいけば簡単に手に入りますが、
台湾ではなかなかです。

そういうときはちょっと田舎に出向いて
田んぼを探します。
または整備されていない川の近くでも探せるかもしれません。

私の場合は例によってダンナさんが田んぼから持って帰ってきてくれました(^○^)



☆苔玉(植物なし)の作り方    所要時間:30分

まず用意するものですが、

・苔
・ケト土(粘土みたいな土)
・黒い糸。緑でも可。(糸は時がたてば消えていきます)
・フラワーアレンジメント用のワイヤー(私はクリップで代用)


①ケト土で好きな形を作ります。
 出来上がりのサイズより気持ち小さく作って下さい。


017.jpg



②苔を張り付けていきます。
 張り付けるというより、おにぎりに海苔を巻く要領で。

 写真は片手ですが、作る時は両手です(*^-^)
 (左手で持って、右手で写真を撮ってるため)


 ※土台のだんごが隠れるように何重か重ねて苔を貼って下さい。
  でないと、水を与えた時に泥が出てきてしまいます。


019.jpg


020_20100908010252.jpg




 今回は花市で購入した苔を使いました。
 苔が重なり合って1枚のシートのようになるので使いやすいです。

008_20100908011203.jpg


苔玉に黒糸をかけていきます。
 均等になるようにしっかり巻きつけてください。
 巻きが足りないと、苔がはがれてしまうかもしれません。

 糸は次第に見えなくなっていきますので、多少不格好でも大丈夫です(^○^)


 022.jpg

 ↑この写真、10秒タイマーで自動撮影しました☆ がんばりました!


⑥クリップ(を切ってUに曲げたもの)の先に糸を結びつけます。
 そしてそれを苔玉の目立たないところにさしこんで止めます。


023_20100908010250.jpg



⑤あとはお好みで苔をハサミで切って整えます。
 私は極端にながい苔だけを切り、後は自然のままにしておきました。

 カットした苔のくずは、使っていない残りの苔の上に振りかけておくと、また成長しますよ☆


⑥できあがり☆


025.jpg

夜はこんな感じ。ステキでしょ❤

030_20100908010349.jpg

2010. 09. 07  
今日もまた苔を使って苔ポットと植物なしの苔玉を作ってみました。

苔ポットは前回と同様、作り方はいたって簡単☆
実は前回よりも今回のハブラシ型のほうが簡単なんです。

前回の苔ポットに使ったポットはそこに穴が空いているため
ネットを敷いたり、赤玉を入れたりしたのですが、
今回使ったハブラシ型の器はそこに穴がないので
土をいれて苔を盛るだけ!

でも一応作り方はのせておきますね(o^-^o)


☆ハブラシ型苔ポットの作り方    製作時間:10分 


今回つかう苔はこれ。

011_20100908003515.jpg

花市で2種類の苔を買ったのですが、そのうちの1つです。
すぐにポロポロ崩れるので、苔玉にするのは難しいかもしれません。

そんなときこそ苔ポット☆


①まず器に土を盛り、それから苔をのせていきます。
 苔についている土も一緒にのせてください。


009.jpg

010_20100908003516.jpg



②器のふちの苔をピンセットのようなもので抑え込んでいきます。

013_20100908003515.jpg



③できあがり☆

014_20100908003514.jpg

015_20100908003513.jpg


穴のない器の場合、水の与えすぎに注意してください。
それから1日に4時間以上は太陽の光を当ててあげてくださいね☆
2010. 09. 06  
苔玉を作ってみました☆      作成時間:30分程度


今回使うのは、ダンナさんが園芸店でもらってきた苔です。

苔玉を作るのに必要不可欠な「苔」。これがないと当然「苔玉」は作れません…。
そこでダンナさんに「苔ならなんでもいいから見かけたら買ってきて!」とお願いし、
いろいろな園芸店を回って来てもらいました。

結果はどこにいっても「苔」は売っていないとのこと。
日本だったらどこにでも売ってるのに(T_T)
  (※その後、花市で苔を発見しました♪)

でもある園芸店のオーナーが、
「苔は売ってないけど、庭に生えてるから好きなだけ持っていっていいよ」
と言ってくれたそうで、袋に詰めて持って帰って来てくれました☆

それがこれ。↓ かわいいでしょ❤

020.jpg

写真の右端が切れていますが、クリックしていただくと全体が見れます。

☆苔ポットの作り方

①まず好きなポットの底にネットを敷き、赤玉をつめます。
 それから土を盛ります。

 土は台湾で買ったものなので名前は分かりませんが、
 水はけのよい土なら大丈夫だと思います。


015_20100906151721.jpg

 ↑写真はふんわり盛ったところですが、これから形を整えていきます。
 




②手で軽く押して形を整えたら、土の上に苔をのせていきます。
 苔についていた粘土みたいな泥みたいな土も一緒にのせます。


016.jpg
 


③苔をのせたら、ピンセットや先の細いもので苔を植え込むように抑えていきます。

023.jpg



④最終チェックに入ります。
 気になるところは苔を少しずつ植え込み、形を整えます。

 完全に苔で覆わなくても大丈夫です。
 苔は生えてきますから(o^-^o)
 

026.jpg



⑤出来上がり☆

033.jpg
034.jpg


苔は1日に何時間かは必ず日光に当てなければいけません。(意外でしょ?)
でも、苔玉や苔ポットを作ったばかりの時は、すぐに直射日光に当てないように!
苔が疲れてしまいます…。
少しずつ日光に当てるようにしましょう☆

水やりは朝・晩霧吹きで。でも水のやり過ぎは禁物です。

今回の苔ポット作りで参考にしたのはこちら↓




プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

ご訪問ありがとうございます☆
興味のある本
ただいま読書中
総語数:140485語
洋書多読記録


うさぎも読んでるよ☆
books
洋書多読
応援ありがとうございます♪
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。