2016. 06. 20  
さてさて、久しぶりの日本語入門クラス
やっぱり緊張しますね~
きっと新学年を受け持つ学校の担任の先生と同じような緊張感・・・なのかな


授業初日

みさなん、さすがに初日は緊張気味・・・。
緊張からか、先生に対する敬意の表れなのか、私が教室に入るなりピタッと会話がやんで、シーン・・・
話をやめないクラスもいやですけど、シーン・・・はこちらが緊張してしまいます

名簿は持っていたので中国語で一人ずつ日本語名(とりあえず名字だけ)を教えながら「50音すこしできる方はいますか~」などと雑談がてら聞いてみると・・・
旅行会社のみさなん、まったくもって勉強したことがないということでした
やりがいがあります

クラスの全員が自分の姓の日本語読みを覚えたところで・・・

最初の授業。
まず自己紹介の練習です
「はじめまして」の自作プリントを使って会話練習をします

基本文は「はじめまして。~です。どうぞよろしくおねがいします。」


中国語で説明しながら、「はじめまして。mikisenです。どうぞ よろしくおねがいします。」を実践。

まだひらがなも片仮名も読めないので、とりあえず音だけで覚えてもらうように何度もリピート練習。
みんながちゃんとマスターしたところで、輪になって一人ずつ発表です

みなさん同僚なのでお互いの名前はもちろん知っていますが、日本語読みはお互い初めて聞くので新鮮だったみたい
「お~。潘はハンさんっていうのか~」みたいな感じで盛り上がっていました
シーン・・・じゃなくてホッとしました

自己紹介が終わり、さっそく50音の勉強で~す

これも自作プリントを使用して、まずは文字の紹介。
ひらがな、カタカナ、漢字の使い分け方を中国語で説明し、いよいよひらがなの清音から

50音を一通り声に出して発音してみると「なんだ。日本語って意外と簡単かも」って思ってもらえます
間違えやすい発音、たとえば「ち」が「てぃ」にならないようにとかだけに注意してもらえば50音の発音のルールはすぐにわかってもらえます。
50音をやりながら、台湾人ならだれでも知っている言葉、「おいしい」、「すし」、「さしみ」などを読んでもらうとウケます

初日はとりあえず50音の紹介程度にとどめておきます。
日本語学科の大学生なら1日に大量に覚えさせてもいいかもしれませんが、週1で習う会社員さんたちには初日にプレッシャーをかけないことが大事かなと私は思っています。

だから、初日は「はじめまして」と、50音のしくみだけ。
そして最後に「はじめまして」を復習しておしまい
今まで全く話せなかった学生さんたちですが、「はじめまして」の自己紹介ができるようになり、50音を発音できるようになって、みなさん初日から満足顔です

2回目からは、いよいよ本格的にひらがなを学習していきます。
といっても、あせらずゆっくりね


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2016. 06. 18  
こんにちは
某旅行会社での日本語入門クラスが始まりました
日本語入門クラスとは、日本語を全く勉強したことのない学生さんたちのためのクラスです。
つまり50音からの学習となります。
「なあんだ、あいうえおの授業か。簡単じゃん」と思った方も多いのでは?

入門クラスに入る学生さんは日本語を勉強したことがない方々です。
だから授業では「あいうえお」から学習していきます。
といっても、もともと日本語のできる日本の子供が「あいうえお」の読み書きを練習するのとは全く違います。
入門クラスの学生さんは日本語がまったくできないので、「これは「ありさん」の「あ」だよ~。」なんてことが通用しないんです。
(大人の学生さん相手に「ありさんのあだよ~」は無いですね

実は日本国外の語学学校の入門クラスというのは海外新米先生にとって結構ハードルの高い授業なんです

私が教務主任を務めていたころは、新人先生が入ると、まず入門クラス以外のクラスを担当していただいていました。
先生方は日本で養成講座を修了したばかりの方や、日本の語学学校で教えていた経験がある方、また海外で教えていた経験がある先生などさまざま。全くの初心者でない限り、初めての授業で中級以上のクラスを担当していただいてもそこまで苦労することはないんです。使用する日本語レベルにさえ気を付けていただければ、先生が中国語が分からなくても学生さんの方が日本語を理解してくれますから。

ただ入門クラスは勝手が違います。
先ほども申したとおり、入門クラスに入る台湾の学生さんたちは日本語がまったくわかりません。
ですから中国語が話せない先生が担当になるととても不安になります。
実際は中国語が分からなくても大丈夫なのですが、台湾の学生さんたちはとにかく不安
そんなわけで、台湾の日本語学校の入門クラスは台湾籍の先生が担当することが多いです。

「日本では直説法で(日本語を使用して)教えてきました。中国語ができなくても入門クラスを担当できます」と自信たっぷりにおっしゃってくれた熱血先生もいらっしゃいましたが、授業が2回終わったときに学生さんたちから「中国語ができる先生に変えてくれ」と言われてしまったこともありました
(台湾の学生さん、結構キビシイの・・・

話が脱線してしまいましたが・・・

そんなドキドキな入門クラスを久しぶりに担当することになりました~

家庭教師として個人に入門から教えるとこは最近でもありましたが、企業派遣の入門クラスは久しぶり。
その前に、団体クラスを受け持つこと自体久しぶりなのです。
今まで塾内のクラス以外に、日系企業、幼稚園、高雄市政府など、さまざまな派遣団体クラスを受け持ってきましたが、最後に担当したのは・・・高雄市政府の初級クラスかな?
かれこれ10年ほど前になります

クラスが始まる日までに学生さんたちの名前の日本語読みを事前にチェック。
フラッシュカードの準備やオリジナル教材の作成、カリキュラムのチェック・・・
初めて日本語を学習する学生さんたちに不安要素を与えないように、また「あいうえお」を教えるだけのつまらない授業にならないようにと考えると、入門クラスの第1日目はいつもドキドキです 


長くなりましたのでドキドキな久しぶりの入門クラスの様子はまた次回の記事にて。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

ご訪問ありがとうございます☆
興味のある本
ただいま読書中
総語数:140485語
洋書多読記録


うさぎも読んでるよ☆
books
洋書多読
応援ありがとうございます♪
検索フォーム
QRコード
QR