--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 12. 13  
2週間続けてお休みだったので久しぶりのレッスンです☆

スカルラッティー 「ソナタK377」

ピアノ歴12年にして(途中ブランク15年)初めてのスカルラッティーです。
バッハと同年代ということで、装飾もバッハみたいにやってみたら…

よく弾けてますよ。装飾もだいたいよかったです。ちゃんと上隣接音からはいってましたね。

バッハと同じようにやってみました。

(実は装飾音をどうしたらいいかわからずにネットで調べまくったのですが、これという解答を得られず、「バロックだからきっとバッハと変わらないだろう」とトリルは上隣接音からで統一してみた

トリルは原則として上隣接音からです。でも演奏家によってもまちまちだし、そう深く考えることはないですよ。

とは言いつつ、何か所かトリルの流れが悪いところを訂正してもらいました。
来週もう一回です。



ショパン 「ノクターン19番」

先生いわく「あと一歩」らしいです。(ここからが長い気がする)

盛り上がるところで左が強すぎて右を消してる箇所あり。

クレッシェンドで盛り上がった後、すぐにデクレッシェンド。強音を持続させない。
ショパンが病気がちだったことを思い出して(笑)



シューベルト 「即興曲90-4」

一応最後まで弾きました。(やっと

でも中間部はまだまだスムーズには行きません。
音を確認しながらチンタラ弾いてる感じです

モチーフの上から降りてくる部分、途中で切れてる感じがする。一気に。

左手、跳び箱のジャンプ台みたいに、きちんと踏み込んでから和音に飛ぶ。しっかり深く踏み込む。

中間部の内声の和音は、弱音なんだけど、しっかり深い音を出して。



今日は時間がなくてベートーベンはなしです。
今年は来週のレッスンが最後です。

スポンサーサイト
2012. 11. 23  
レッスン45回目です☆

今日は先生、何冊か楽譜を抱えてきてます。
何の楽譜だろ…
気になる気になる

ツェルニー50番練習曲

先週は片手ずつ見てもらい、この1週間は両手で練習しました。
いつもは使わないメトロノームにきっちり合わせ、真面目にコツコツやりました。

その結果…なんと 合格

私には片手ずつ見てもらう方があっているようです

次は何番か練習してある?

ないです。(予習なんてしてる場合ではない。)

じゃあ、ツェルニーはちょっと置いといて、スカルラッティーやりましょう。
 スカルラッティーやったことある?


その人の名前は聴いたことありますが、曲は全く知りません。弾いたこともないです。

今日スカルラッティーのソナタを持ってきたんですよ。

「SCARLATTI 25 SONATAS」

最近感じることは…
あなたはツェルニーはすごくよくできるんですよ。でも、それだけじゃあ曲は弾けるようにならない。練習曲は必要だと思います。ツェルニーは練習曲としては優れていると思います。あなたはツェルニー弾くのにとても向いている。上手にこなしています。だからこそレッスンでツェルニーに重点を置くべきではないと思うんです。


はい…。

だから、ツェルニーはちょっと置いといて、スカルラッティーのソナタを練習曲として使っていきたいと思っています。1曲はほとんど4ページ程度の短い曲。だからツェルニーみたいに2週間くらいで1曲のペースで。ペダルはなし。

はい。


スカルラッティーについて全く無知なので、先生が時代背景などいろいろお話してくれました。

要するに…バッハみたいなもの?

そうそう。簡単に言うとね。スカルラッティー入門としてまずは5番から。ツェルニーペースでいきますから。来週のレッスンからは最初にスカルラッティー。それから他の曲。。



要するに…「ショパンのエチュード」はなかったことにしてしまうのね

いえ、いいんです。正直ショパンのエチュードは私には早いと思ってたし
それに…
サニー先生、相変わらずなかなか上手いと思います。
バッハ嫌いな私にまずスカルラッティーで導入、そうすればいざバッハをやろうかって時に、そこまで抵抗なく入れるかも…ってわけね。
スカルラッティーについては全く無知なので抵抗もないだろう、というのもお見通し?
(勝手な解釈です…。考えすぎかしら?)


ところで「スカルラッティー 25のソナタ」ということですが、日本では今のところ輸入版しかないようです。先生の楽譜には確かに「全音楽譜出版社」とあるのになぁ。偽物?150元だし、怪しい…(笑)

いろいろネットで調べたところ、25のソナタ集に収められているものは、日本で出版されている、「60のソナタ」「100のソナタ」「90のソナタ」(いずれも全音)と、「スカルラッティー ソナタ集」(音楽の友)に入ってるものもあれば、輸入版にしかないものもあるようです。

以下どこかのサイトを参考にしたものです。
ミスがあったらごめんなさいね~。

1.K380…「100」「ソナタ集2」
2.K64…「90」「ソナタ集1」
3.K159…「90」「ソナタ集2」
4.K481…「90」「ソナタ集3」
5.K377…「ソナタ集2」
6.K460…「60」「ソナタ集3」
7.K169…なし
8.K450…「ソナタ集3」
9.K113…「100」「ソナタ集2」
10.K20…「90」「ソナタ集1」
11.K438…「100」「ソナタ集2」
12.K9…「100」「ソナタ集1」
13.K141…「100」「ソナタ集2」
14.K33…「ソナタ集1」
15.K175…「60」
16.K531…「90」「ソナタ集3」
17.K446…「100」
18.K96…「60」「ソナタ集1」
19.K519…「60」「ソナタ集3」
20.K13…「90」「ソナタ集1」
21.K523…なし
22.K502…なし
23.K513…「60」「ソナタ集3」
24.K441…なし
25.K449…なし


まぁ、新しい曲というのは楽しみです
ちょっとツェルニーは恋しいけど


シューベルト 「即興曲90-4」

この曲…どこが簡単なんだぁ。
5,6小節め、11,12小節目、17,18小節目…

和音がなかなか覚えられず手がオロオロしてるんですけど

練習すれば覚えられます。

ですよね。

ということで、これらの和音にオロオロしつつも、4ページは両手で練習しておきました。

まずは音をしっかり覚えないとね。

ですよね。



ベートーベン 「ソナタ8番”悲愴”3楽章」

悲愴、いいですね~ 全楽章好きです。
3楽章が一番弾きやすいかな。
メトロノームを使って、きっちり練習しました。
とはいっても3ページだけですけど、両手で練習しました。もちろんスローです

うん。順調ですね。

と、特にアドバイスもなく、終了。


これで課題曲は…
①スカルラッティー ソナタK377
②ショパン ノクターン19番
③ベトソナ8番
④シューベルト 即興曲90-4

となりました。

ショパンのエチュードはまだまだ遠い未来になってしまいましたぁ。
2012. 11. 16  
高雄市は今日も30度…今年冬は来るのでしょうか…。


ツェルニー50番練習曲 no.37

前回のレッスンでは「pであってもふわふわ弾かずに深い音で」「和音をしっかりつかんで」と注意されました。

きょうはやっと…合格


次はno.41だと予告済みだったので、先生のお言葉どおりに片手練習しかしてません
いつもは片手ずつ練習しても、レッスンの時はなんとか両手でみてもらうのですが、今回は1週間本当に片手ずつしか練習しませんでしたし、レッスンの時も片手ずつ見てもらいました。

あの~まずは右手だけで。

もちろんいいですよ~。片手練習は大切ですからね。

その後も左だけをみていただき、来週両手でということになりました。
片手ずつだと簡単(特に右手は。だって41番は「左手の指の練習」)
さて、両手で合わせるとどうなるか…。


ベートーベン 「ソナタ8楽章”悲愴”2楽章」

一回通して弾きました。

とてもいいですね。内声、もっと落とせる?聞こえないくらいまで落としていいのよ。

ということで、最初から内声をこれでもかというくらい落として弾きました。

とってもよかったですよ。2楽章はOKです。

わ~い

じゃあ、次は3楽章をやりましょう。

はーい


ということで、次は悲愴3楽章


ショパン 「ノクターン19番」

今日のノクターンはまずかった
練習の時はまあまあ(出来てるとは言えないケド)。でも今日のはひどかった。
音をはずしまくり、止まった個所もあった。

まだまだですね…。

はい…。練習しておきます。


ということで、アドバイスもなにも、そこまでのレベルに至っていない。
先週の方がまだよかったような気さえする。


シューベルトは?

ちょこっと練習してあります。

よかった、よかった。


シューベルト 「即興曲90-4」

この曲はいい練習になるよねー。シューベルト入門って感じで。

先生、この曲が好きみたい。やる気満々な様子

じゃあ、右手だけ。

えーーーーっ なんで右手だけ?この曲は簡単だから両手で最後まで聞かせてくれると思ってたよ!

えーーーーっ!

どこが難しかった?

いえいえ、そういうわけではないんですが、右手だけしっかり見てもらいたかったんです。右がちゃんとできてないと左と合わせてもうまくいかないと思って…(オロオロ

(だって先生いつも「片手練習やってから両手で」って言ってるし、ツェルニーも片手だけでいいっていってたからシューベルトも片手でいいと思ったんだよぅ

まぁ、それはそうですけどね。じゃあ、右手だけでいいので弾いてみて。

ということで、右手だけ4ページ弾きました。
左だけも4ページ練習してありますが、それはカット。

この曲は全音楽譜で10ページ。
第1部 4ページ
第2部 2ページ
第3部 4ページ

第1部と第3部は全くと言っていいほど同じなので、練習は最初の6ページをしっかりやればだいたいできる。

この曲は第2部が難しいですね。メロディーを右の4指と5指だけで歌わないといけないから。でもベトソナの悲愴2楽章で学んだことだから、きっと大丈夫でしょう。


恐れていることが来てしまった。
ゆる系ベトソナ悲愴の2楽章が合格してしまい、3楽章の譜読みもしながら即興曲も…。
来週は悲愴3楽章も片手かな…


いいんですよ。片手で。
主婦ですもん。家事はともかく、自分の仕事もあるし。子供の相手もしなきゃ。
ゆっくり行きましょうよ
「えーーーっ」って言われても片手 またはスローモーション両手
2012. 11. 09  
先週はレッスンをお休みして、埋もれている親知らずを抜いてきました
4本あるうち、ちょこっとだけ出てた2本と埋まっている1本はもう抜歯済みなので、これが最後の親知らず
痛かったけどすっきりしました


それにしてももう11月だというのに、今日は30度ありましたよ。
去年はもう少し涼しかったと思うのですが、今年はまだまだ半袖でいけそうです


ツェルニー50番no.37

左。もっと深い音で。pであってもふわふわ弾かないこと。

右、和音のスタッカートもっとつかんで。軽く弾かない。

最後の方で和音をつかみきれていないところあり。要練習

…ということでもう一回。

次はno.41です。片手だけでもいいから見ておいて。

とのことなので、片手練習だけにしておきます。


ベートーベン 「ソナタ8番”悲愴2楽章”」

だいぶ仕上がってきましたね。
イメージをもって弾くともっといい音が出るはず。

旋律はヴァイオリン。バスはコントラバス。内声はチェロ(または第2ヴァイオリン)のイメージ

17小節目からピアノが登場。和音がピアノ。

72小節、最後のrf、音量押さえて。最後なのにドーンと弾くと変。



ショパン 「ノクターン19番」

まだまだやっと両手で合わせたって感じなので、音ミスあり、鍵盤探す動作あり、のレベル。

この曲好きなのよね~。

私も好きです。

この奥からでてくる感情が何とも言えないよね。

そうなんですよね~。


次は先生の歌声に合わせて弾きました。

私が間違えてもつっかえても先生はノンストップなので、必死についていきます
私はこの練習が一番好き


じゃあ、次の曲に行きましょう。

あ、これで終わりです。

シューベルトは?

シューベルト…?

(ドビュッシーの「夢」にしようか迷ってたけど、結局自分の中ではシューベルトにしようと決めて、少しだけ弾いてみたけど、「練習した」といえる代物ではない…)

シューベルトは…来週お願いします。(だってまだ先だと思ってたんだもん)



ということで、新課題はシューベルトの即興曲90-4になりました
久しぶりのシューベルト



2012. 10. 19  
もう10月中旬だというのに、あいかわらず高雄市は30度あり、もちろん半袖で過ごしています

ツェルニー50番 no.11

先週はスタッカートを注意されました。
オクターブに跳ぶスタッカートは高跳びの踏み台みたいに踏み切って跳ぶこと。

そして今週は…合格~


ツェルニー50番 no.37

超スローで弾きました。
なのに、私の悪い癖がでてましたよ~

指替えの際に手首を大きくひねってる!そんなに大きな動作は必要ないでしょう!

…(必要ではないと思うんですが、長年の癖なんですよね…。)

37番はもう一回です。


ベートーベン 「ピアノソナタ8番 ”悲愴”2楽章」

もう少し内声をおとして。

特に注意されたところはそれだけですが、気を抜くと内声が「ボーン」と出てきてしまうのできちんとコントロールすることが大切です。


ショパン 「ワルツ 9番」

先週は時間の関係でショパンがカットされてしまったのですが、今日は時間が取れてよかった

1回弾いて 合格~

この曲を弾いている時にいつも考えることは「ピアノの森」のマリア


ショパン 「ノクターン 19番」

ワルツの9番がまだ合格していなかったので、ノクターン19番はあまり練習してません

まだ全然できてませんが…。

経過を知りたいから弾けるところまで弾いてみて。

ということで本当に途中まで。
ゆっくりゆっくり、もちろんペダルなんてなしですよ。


左手をよく練習したんですね。じゃあ、最後まで練習しておいてくださいね。

そうなんです!左を重点的に練習したんです!
 (気づいてくださったんですね~

それから、課題をもう1つ増やそうと思うんですが…。

あと1曲ですか。

うん。(本棚の楽譜を見ながら)久しぶりにシューベルトもいいね。

あ、シューベルトなら「即興曲90-4」がいいです。

あ~いいですね。じゃあ、これにしますか。譜読み始めてもいいですよ。
 (ドビュッシーの楽譜を見て)あ、ドビュッシーもいいよね。


「夢」はどうですか?大好きなんです。

いいね!うん。いいね。

でも、ノクターン19番が思ったより難しいので、新しい曲はまだ先でいいですか。

いいですよ。落ち着いた頃で。


ということで、勝手にどちらでもいいと判断し、「夢」にしようかなと検討中です。
こういうのは始めるが勝ち、です。
好きでない曲を課題に出されることほど苦痛なことはないので先手必勝です
(だって先生、シューベルトの「楽興の時」も見てたし。これはあまり興味がない。)

「即興曲90-4」も好きだけど、長いし、ベトソナ8番の2楽章ができあがって、次の課題が出た時にシューベルトとの並行は苦労しそうな気がする。古典2曲はちょっとキツイかなぁ。(シューベルトはロマン派ですが、曲風は古典…という意味で。)
その点ドビュッシーの「夢」はゆる系でいいんじゃないでしょうか

いや、待てよ…。ゆる系の悲愴2楽章をやってる間にガチ系の即興曲を始めていた方がいいのかな。
じゃないと、2楽章が終わって、仮に3楽章ならまだしも1楽章(または別曲)に入った時に即興曲との並行練習はキツイ!
並行練習がムリなのでベトソナはしばらくお休み…っていうのも嫌だ

う~ん。まずは2曲ともちょっとだけ譜読みしてみよう。自分の技量と相談してみます。
あ~でも選曲って楽しい

それから…ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」は2、3回見てもらいましたが、その後は時間がなくてずっと見てもらってません。時々は自分で練習してるのですが、先生も忘れているようなのでこのままさりげなく終了したいと思います いいよね?



プロフィール

farmvillelover

Author:farmvillelover
出身地:福岡
居住地:台湾高雄市
職業:家庭教師
趣味:ピアノ、読書、ガーデニング、裁縫

はじめまして。ご訪問ありがとうございます☆
大学を卒業してすぐに日本語教師として派遣され、そのまま台湾永住決定(?)になってしまった私。台湾人のダンナさん、台日ハーフうさぎ、そして2016年生まれビーグル犬モモの日々を記録したブログです。

※最愛のゴールデンレトリーバー、カプチーノは2016年6月30日に旅立ちました。12歳でした。

※ピアノ中心のブログだったのですが、ただいまレッスンをお休みしています。そのためブログ名を変更いたしました。でもピアノのカテゴリーはうさぎのピアノのレッスン記録がそのまま引き継いでいます!

もともとこちらにあった英語のカテゴリーは「mikisenのブログ☆中国語・日本語バイリンガルうさぎと英語講師mikisen」として別にブログを設けています。多読、英検、TOEICなどの英語学習に興味のある方は是非お立ち寄りください☆

マイペースな性格のため、コメントのお返事にかなりのお時間をいただくかもしれません。

ご訪問ありがとうございます☆
興味のある本
ただいま読書中
総語数:140485語
洋書多読記録


うさぎも読んでるよ☆
books
洋書多読
応援ありがとうございます♪
検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。